裁量労働制の違法利用 - サービス残業の情報サイト「サービス残業とは何か」

裁量労働制はみなし労働時間制の一つであるということが言えます。みなし労働時間とはこれくらいの仕事であればこれくらいかかるだろうというように、会社との間で基準となる1日の労働時間を決めるということになります。みなし労働時間を決めたということであれば、4時間しか仕事をしていない日であっても12時間も仕事をした日であっても8時間仕事をしたとみなして給与計算をするということになります。
みなし労働時間というのは基本的に勤務時間を会社に拘束されるということはないわけですから、早く帰ったとしても何も言われないですし、それによって給料が減るわけではないということになります。また、遅く帰ったとしても時間外手当が出ないということになります。実労働時間ではなく、みなし労働時間分の給与が支払われるということになります。

裁量労働制とサービス残業

裁量労働制がきちんと適用されていればいいわけですが、裁量労働制がサービス残業の温床になっているということが起きています。言わば時間外手当のコストを削減するために裁量労働制を適用しているというような事例が見られます。残業代を切り捨てて安い賃金でこき使われるというようなことが起きています。
裁量労働制であっても労働時間の概念は残っているということになります。みなし労働時間が法定労働時間を超える場合は当然のことながら超過分の手当を支給しないといけませんし、深夜(22時から翌5時まで)および法定休日の勤務に関してはそれに対する手当を支給しないといけないということになります。以上みてきたように、裁量労働制であっても時間外手当の支給対象になることがあるということです。

Copyright(C) サービス残業とは何か All Rights Reserved.