サービス残業が起こる原因 - サービス残業の情報サイト「サービス残業とは何か」

  • HOME
  • サービス残業が起こる原因

サービス残業をするのはなぜか?

サービス残業というのは正規の時間外手当が支払われていない残業ということになります。サービスという言葉から見て善意で残業を行っているというわけではなく、会社からの圧力によって残業申請が行われていないために、結果的にサービス残業になっているということが言えます。
サービス残業がなぜなくならないのかということになりますと、圧倒的に会社側が強くて従業員側が弱いということがあるからです。そのため、一定時間を超える残業に関しては残業代を支払わないという風に言われたら、一定時間を超えた残業については嫌々サービス残業を行っているという事情があります。

コスト削減が求められている

会社によっては仕事量は増えるけどそれに比例して従業員が増えるわけではないので、1人1人にかかる仕事量というのは多くなってきます。そのため、法定労働時間内に終わらないということになってしまいます。そこで法定労働時間を超過した分の時間外手当が支払われていればいいわけですが、就業規則などで一定時間を超えると時間外手当がカットされるというようなことが起きるわけです。
サービス残業が行われている理由の一つとしては、企業側がコスト削減を求められているということがあるからです。コスト削減が求められていると、コストに当たる残業申請が悪いものであるという風に会社側や従業員双方が思っているわけです。そういう会社であれば残業申請がしにくくなってしまうでしょう。

会社側が労働法を悪用している

会社側が労働基準法などの労働法を悪用しているというようなケースも見られます。会社側が労働法を悪用しているのか、単なる無知なのかはわかりませんが、自分たちの都合のいいように解釈しているというケースはまま見られます。本来サービス残業というのは法律違反なのですが、法律をコストを削減している道具にしているということです。
具体的には裁量労働制や年俸制、管理職というような制度を従業員が労働法を知らないだろうということから、自分たちの都合のいいように悪用しているというようなケースがよく見られます。名ばかり管理職の問題のようにこれらの制度を悪用したようなサービス残業が横行しているという事態が起きています。

Copyright(C) サービス残業とは何か All Rights Reserved.